« October 2009 | Main | August 2010 »

July 27, 2010

今日はヨガ

今日は仕事帰りにヨガに行く予定。田舎の小さな教室ですが、そのぶん利用料は一回800円と破格。予約もキャンセルも自由だし、月謝制でないので、予定の変更がしょっちゅう起きる私にはとてもありがたいシステムです。都会にいるようなおしゃれなトレーニングウエアの人なんていないし、最初はどうかなと思いましたが、のんびりゆったり続けられるので良かったなと思っています。

先日、一か月ぶりくらいで教室に行けました。珍しく満席に近く、マットの隙間があまりない状況です。そんなとき、先生は足を横に出すポーズなどを避けて、他のポーズに切り替えてくれます。

以前通っていたピラティスはけっこうハードで、熟練者が何人もいるので、教室全体の向上心がわーっと高まっていたのを感じました。当然出席者も多く、いつも室内はぎゅーぎゅーづめ。それでも音楽とポーズは定期的に変更されるのみで、さっきの先生のような臨機応変な対応はしてくれません。人より比較的背が高く、かつかなり腕の長い私は、教室内でスペースを確保するのが大変。広く取っているとずうずうしい人みたいだし。

でも今の教室ならそんな心配はいりません。先生の気遣いはこまやかだし、ゆるーい感じが気に入っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2010

35センチ良形のバス

倉敷に遊びに行った日と前後しますが、土曜は釣りに行きました。家から30分ほどのダムは今年とっても渋くて、小バスが釣れればいいほう、もしくはボウズで帰る日がケイちゃんでも続いています。私が始めた3年前は、一日に2,3匹は確実だったのに、すれてしまったのでしょうか。もし、今年みたいに釣れないときに始めていたら、おもんないと言って二度と手を出さなかったでしょう。それが良かったのか悪かったのか、わかりませんが、釣りは面白いです。

日が傾き始めたダムサイトに、先客はいません。今までかつてないほど減水して、水面下で見えなかった丘が丸出しです。水面にちょっと反応があるので期待しながらキャストしました。今日の私はワームをつけたスピニングとポップマックスをつけたベイト。可愛い小バスがルアーを追い回しますが、なかなかかからない。

だいぶ暗くなってから、ケイちゃんに40センチのバスがかかりました。慣れないベイトのバックラに悪戦苦闘していた私は、焦り始めました。もうラインが見えにくくなるほど暗くなって、このままでは一人ボウズ。離れたところにいるケイちゃんの魚なんて全く見に行かず(必死)。

日が落ちてあちこちボイルしているので、やっぱりここはトップでしょう。慣れぬベイトを放棄し、スピニングにポップマックスを付け替えます。おお、投げやすい。それとキャストのポイントを、雰囲気のいい駆け上がりの丘を離れて、水の流れのある深いほうに移動。何度かキャストするうちに、外してはいるものの水面を割るバスが出始めました。これはきっといける。諦めずに粘っていると、やったー!明らかに20センチのバスではない引きを感じました。とはいえ、ここの魚は引きが弱いので落ち着いてフッキング。水面まで寄せて、35センチの良形キャッチとなりました。ここでは悪くないサイズです。

しかし、バスの口の硬い部分に針がかかり、しかも暗くて見えないので取れません。ケイちゃんが急いで車に戻り、携帯を取ってきて、明かりを照らしてやっとのことで取れました。長いこと陸に上げられていたバスくん、わー生きててよーーー、との願いが届いたか、ゆったり息を吹き返し去っていきました。ありがとうね、元気で大きくなってね。

釣り最高!(釣れれば)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2010

倉敷へ行ってきた

今日はケイちゃんと一緒に倉敷に遊びに行きました。日本海には波がないし、土曜の激混み太平洋に突入するのも気が引けるということで。

まずは民家を改造した三宅商店で昼食。それから大原美術館を時間をかけて見て回りました。

Edit21_04

すると、なんと私の大好きなボナールの猫の絵があるではないですか。「欄干の猫」の実物に出会ってしまいました。手すりの上に三毛猫が2匹乗っている絵です。彼は絵に猫を登場させるのが好きで、他の絵も同様に、愛くるしい、しかし甘すぎない猫の様子が描かれています。猫好きに違いありません。猫好きの人が撮った写真や描いた絵は、すぐわかるのです。

真夏の炎天下でしたが、倉敷の美しい町並みを楽しみました。岡山の桃もたくさん食べて満足満足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2010

30分の運動始めました

今日は愛する我が家で目が覚めました。昨日大阪で研究会があったので、そのままたつのの自宅に戻ったのです。クーラーなしで寝ることが出来て、早くから目がぱっちり。早朝散歩に行くことにしました。

まずは近所の氏神様におまいりに。この神社は山に面していて、今日は鳩とスズメの鳴き声を聞きながら山を登りました。

山頂付近には、童謡を題材にしたちょっとしたしかけがあります。歌詞の書かれた碑の前に立つと、音楽が流れるのです。月の砂漠、みかんの花、ちいさい秋、赤とんぼなどです。これを一つづつ鳴らして上がれば、きつい斜面もなんとか頑張れます。はるか遠くに瀬戸内の海が見えました。

最近一日一回は30分以上運動するようにしています。重力に引っ張られてあらゆるものが垂れ下がってきたので危機感を抱いています。今のところ順調に続いています。

こうやって身体を動かそうと思えるのって、たぶんいろんなことが自分の中で整理されたからなんじゃないかなと思います。今年度は職場の異動があって、月一の東京出張が加わり、学会の理事や新しい研究会への参加も始めて、すごく忙しいのですが、気持ちはわりと晴れ晴れしています。鬱屈しているときは運動なんてしようと思えなかった。

忙しくても晴れ晴れしている理由は、人間関係に恵まれているからだと思います。学会も、研究会も、出張中も、そして毎日通う学科も、さわやかで自由な人が多くて、心身ともにのびのびとするのを感じるのです。ああ、学問やっていて、良かった、と思える場面がいくつもあります。学ぶべき点が多い人が周囲に一杯いるので、とにかくたくさんのことを吸収させてもらおうと思っています。チャンスが来るまで、もうちょっと待ってみよう、そんな気持ちになっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2009 | Main | August 2010 »