« January 2011 | Main | March 2011 »

February 05, 2011

機嫌よく暮らすには

昨年12月のpostでは、私の最近のモットーである「健康で機嫌ようおる」ことについて書きました。しっかり寝て、バランスよく食べ、きちんと排泄する、これをしていれば、だいたいのことは大丈夫だと思う。お金や地位があることよりも、周囲の人と仲良く、健康で、機嫌よく暮らすことが、人生で一番大切なことだと思う、そういうことを書きました。

今日は、それに加えて、ふと思ったことがあります。それは、人生を自分の生きたいように生きているから、だから機嫌よくいられるのではないか、という当たり前のことです。当たり前といえばそうなのですが、毎日仕事に追われ、職場での人間関係が難しいと、仕事があるありがたさとか、この仕事を得るために長く勉強してきたことなど、すっかり忘れてしまい、つらいことで心がいっぱいになってしまうときがあります。でも、それでも、自分がこんなに機嫌よくいられるのは、自分の人生を自分の納得するように歩んでいるから、に他ならないと思えるのです。怒りでいっぱいだった地元の名古屋で、大学院の貧しい時代をすごした京都で、ただ私はひたすら、転んでも失敗してもやけどしても、自分の人生をつかみとるために、何ものにも縛られず突き進んできたから、現在の境遇に不満があったとしても、10年以上目指してきた夢を、今手に入れているに違いないのだと、ふと、今日思ったのです。

もしも、誰かの犠牲になるような人生だったら。周囲にあわせた無難な生き方をしていたら。自分という人間のちっぽけさを思い知って現実に直面しなかったら。人を信用できず、お金や地位が何よりも大事だと思っていたら。自分の直感を信じられなくて現在の夫を選ばなかったら。このどれかひとつでも選んでいたら、今の幸せと充実感、満足感は、きっと味わえなかったでしょう。

「機嫌よう暮らす」ために必要なこと。しっかり寝て、バランスよく食べ、きちんと排泄し、自分の思うように人生を送る。あとは掛川のお茶を飲むことかな。あ、サーフィンも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2011 | Main | March 2011 »