July 25, 2010

35センチ良形のバス

倉敷に遊びに行った日と前後しますが、土曜は釣りに行きました。家から30分ほどのダムは今年とっても渋くて、小バスが釣れればいいほう、もしくはボウズで帰る日がケイちゃんでも続いています。私が始めた3年前は、一日に2,3匹は確実だったのに、すれてしまったのでしょうか。もし、今年みたいに釣れないときに始めていたら、おもんないと言って二度と手を出さなかったでしょう。それが良かったのか悪かったのか、わかりませんが、釣りは面白いです。

日が傾き始めたダムサイトに、先客はいません。今までかつてないほど減水して、水面下で見えなかった丘が丸出しです。水面にちょっと反応があるので期待しながらキャストしました。今日の私はワームをつけたスピニングとポップマックスをつけたベイト。可愛い小バスがルアーを追い回しますが、なかなかかからない。

だいぶ暗くなってから、ケイちゃんに40センチのバスがかかりました。慣れないベイトのバックラに悪戦苦闘していた私は、焦り始めました。もうラインが見えにくくなるほど暗くなって、このままでは一人ボウズ。離れたところにいるケイちゃんの魚なんて全く見に行かず(必死)。

日が落ちてあちこちボイルしているので、やっぱりここはトップでしょう。慣れぬベイトを放棄し、スピニングにポップマックスを付け替えます。おお、投げやすい。それとキャストのポイントを、雰囲気のいい駆け上がりの丘を離れて、水の流れのある深いほうに移動。何度かキャストするうちに、外してはいるものの水面を割るバスが出始めました。これはきっといける。諦めずに粘っていると、やったー!明らかに20センチのバスではない引きを感じました。とはいえ、ここの魚は引きが弱いので落ち着いてフッキング。水面まで寄せて、35センチの良形キャッチとなりました。ここでは悪くないサイズです。

しかし、バスの口の硬い部分に針がかかり、しかも暗くて見えないので取れません。ケイちゃんが急いで車に戻り、携帯を取ってきて、明かりを照らしてやっとのことで取れました。長いこと陸に上げられていたバスくん、わー生きててよーーー、との願いが届いたか、ゆったり息を吹き返し去っていきました。ありがとうね、元気で大きくなってね。

釣り最高!(釣れれば)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 26, 2009

夏満喫中

夏も終わりが近づいてきました。名残惜しく、満喫中です。

お盆は伊良湖に一泊、赤羽と潮見の両方に入りました。ちょうど家族と一緒のmeguちゃんもいて、再会を喜びました。女もこの年になると、サーフィンやめちゃう人多いから、現役同世代は貴重なのです。

赤羽方面にはちょっと到着が遅れて、それほどいい波にあたりませんでしたが、翌日移動した潮見では、いい波あたっちゃいました。しかも人が少ない。サイズあり、形よし、パワー十分。けいちゃんは自爆クラッシュしたくらい。。特に2日目の夕方、私はセットの肩~のライトに乗れちゃって、すっごい楽しかった。混んでたけど、カレントもあって、インサイドではまるせいか、意外に人がばらけたから。サイズがあってダラッとした波、好き。

お盆とGWの伊良湖は、昔っから当たるよね。なぜか。

それで、hidekiの二次会に参加して、なんと120人。hidekiはかっこいいんだけど、シャイでなんかかわいいところがあるから、みんなに愛されてるんだろうなあ。黒い顔した人がいっぱい。hidekiのパートナーはすごーくきれいな人。友達もすごくきれい。黒い顔した人たちが嬉しそう。みんなでわいわいがやがや、久しぶりにおやじチームも来てて、交流を温めました。どうぞお幸せに。。

それから先週には釣りに行って、私は朝一のトップに20センチちょいのかわいいバスが来て、それから場所を移動したらけいちゃんに40ちょいのきれいなバスが来ました。なんか色が薄くて虹色に輝いたバスだったな~。うらやましい。私はずっと鮎みたいなバスばっか。これが釣り歴の差というものかしら。

ベイトも練習し始めました。やっと、バックラせずに投げられるようになりました。あとはコントロールですね。がんばろ。

|

June 19, 2008

frog!

先週、けいちゃんが岐阜に来てくれたとき、近所の野池に行きました。山の上の貯水池。人もいなく、静かで、すっごく良い雰囲気!ここなら冬も水を抜かれてないような気がします。(水が抜かれると魚が生き残れません)

竿を垂れると、岸際でチャパチャパ音がします。なになに?カエルが大量にいました。気にせず、あちこちにキャスト。釣れないな・・・と思ってリールを巻いていると、岸まであげたルアーがピョンピョン跳ねてる!え?魚がかかった?!でも小さい。よく見ると、カエルでした。げー、針、外せないし。「けいちゃーーーーん!」と遠くにいる夫を呼びました。どうしたの?!とすぐ来てくれて、ルアーを見せると、笑って外してくれました。ホッ。

もし1人だったら、どうしてたかな。意を決して、軍手をはめて、外してみるかな。でもピョンピョンされたら、ムリ!と思ってしまうかも。そのまま持ち帰って、翌日学校で学生に頼んで外してもらうかな。あんなにカエルがいるなら、バスのエサもたっぷりだから、大物が育ちそうなんだけど、逆にあれだけカエルが生き残っているってことは、バスがいないからかもしれないね、ということで、カエル一匹釣って池をあとにしました。

火曜に愛知の野池に行った時は、2メートルくらいはありそうな、ヘビがしゅるしゅるしゅるっと草むらに逃げ込んでいきました。恐ろしい。。今の時期、池に行くには背が高い草むらを掻き分けていかなきゃいけないんですが、あんなのに対面したらぎゃーーーーーっと叫んじゃうだろうな。

こないだ兵庫のダムでは蛍が一面に飛んでてすっごくきれいでした。いろんな動物に遭遇するのはいいけど、肝心のバスが釣れません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2008

さて土曜日

今日は休みですが、波があまりにも悪そうなので、家にひきこもっています。。

過去のことになりますが、先週の火曜は非常勤先の大学近くの池に行ってまいりました。釣り部の学生によると、コンスタントに釣れる池だそうで。教えてもらったとおり、到着。さっそく竿をセットし、仕事着のままですが(笑)

ほうほう、小さく雰囲気の良い池です。岸際に葦があり、片側は護岸され、もう片方がオーバーハングした木でカバーになっている。数日、お天気が続き、気温が上がってバスも活性が上がってるかもしれません。わくわく。まずは葦際と、水の出入りのあるところへキャスト。さっそく小バスがつつきはじめました。

これはいいね~~。上から見ても魚影が濃く、期待が持てます。平日の午後3時ですが、釣り人は入れ替わり立ち代り。ひょっとしてこの池、めっちゃプレッシャー高いかも。ネチネチと常吉でやっておりましたが、バイト無し。周囲でも釣れてないみたい。。。

疲れたのでいったん切り上げ、もう一個歩いていける範囲にあるという池を探してみました。しかし見つからず。。はーあ。途中、犬の散歩中のおじさんに、釣れた?と聞かれ、連れてませーんと答えると、海に行けばいいのにって言われたんですが、私はバスが釣りたいんだよね~。しかもバス以外の魚は、まだ触れません。

そうこうしているうちに、夕まづめ。ラストチャンスです。今度は反対側の木の下にキャスト。池では捕食の音が聞こえ始めました。この音、最高ですね。私の隣でひときわ大きな音がしたので、見に行ってみると、人がいたので思わず捕まえました?と聞いてしまいました。すると、捕まえてません、と。せっかくなので、いろいろ聞いてみましたら、あれこれ教えてくれました。バサーって、一人寡黙にキャストしてるけど、実はきさくな人が多いのかな。女性は一人もまだ見たことないです・・。

彼が今投げているのはノーシンカーのワーム。私もつけかえて、投げてみました。わーっと魚が寄ってきたものの、ん?よく見ると、ギルっぽい。君はいいよ、だって釣れても困るよ、触れないもん。そんなこんなで、結局ボウズ。疲れた~~~。でも面白かった。また行くよ~~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 03, 2007

先週の釣果

毎週水曜は名古屋で非常勤です。学校の帰り道に、ある池があります。けいちゃんからもらった東海エリアの野池を紹介する本にも、そこにはバスがいると書いてありました。

夏の終わり、小雨のふりしきるなか、一度だけ行ったこことがありまして、そのとき私のルアーの50センチほど隣に、全身を空中に躍らせバスが飛び上がりました。あれは私のルアーに来たのか、関係なく何かエサを見つけて捕獲しようとしたのか、いまだもって謎です。誰もいない池で、突然起きた水しぶきに、心臓が止まるほどびっくりしました。そのあと投げ続けても何の気配もナシ。代わりに亀が何匹もサーっと一斉に寄ってきたので、かかったらエライこと、と思ってすぐ撤収しました。

281107_1605 そして先週の水曜日。もう冬の釣れないパターンに入ってるのかな・・・。バスだって寒いと動かないよね。。そう思いつつも、来週に控えたメキシコでのバス釣りに備えて、キャストの練習を繰り返しました。すると・・・。木の枝にルアーがひっかかってる。どうやってもロッドでは届かない。失くしても惜しくないワームをサイドスロー気味に何度も投げて・・・・ルアー捕獲しました!(笑)よく見ると、ポップエックスだ。ネットで1700円前後するよ~。ラッキー!そのあとも投げたけど何もかからない。今度はカモが一斉に寄ってきたから、これまたエライことになるといけないので、撤収。魚は釣れなかったけど、よしとするか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2007

8月15日(水)・16日(木) H宮池

今年は年末に海外でバス釣りをする計画があります。釣具屋で少しずつメガバス釣り用の用具を買い揃えています。16日にはけいちゃんが『BAZUKA』という大きな竿入れを買いました。その名のとおり、兵器のようにいかつい入れ物です。ここに2人の竿を入れて飛行機に乗ります。

釣具屋に行くとやっぱり池に行きたくなります。この日も夕方に出かけました。お盆でさんざんたたかれて釣れないかな~?と思いましたが、2人とも40弱を1匹づつつりあげ、満足の結果でした。

特に今回、バスがカバーに隠れるという新しい経験もしました!カバーというのは、水中の障害物のことで、石や岩、木の陰、水草の中などです。ルアーをくわえたまま、こうしたカバーに逃げ込まれると、押しても引いても糸が巻けなくなり、最悪の場合切れてしまいます。最初、糸が絡んで根がかりでもしたのかなと思いましたが、どうも魚の気配がある。あちこちの方向に竿を向けて根気良く糸を巻くと、カバーからやっとのことで出てきたバスがかかっていました。しかも大きい!すごい勢いで引きます。逃げられてなるものか。最後には一気にごぼう抜きして岸に上げました。おお~今までで一番口がでかい。怖いけど、手を入れて、フックをはずしました。いいところにかかっていて、案外簡単に外れてホッとします。

その前にももう一匹、ずいぶんと元気の良いバスがかかりましたが、残念ながらバラしてしまいました。でもこのとき、ルアーをくわえたまま、沖に向かって泳ぎだすバスを初めて見て、強い引きも感じられ、すごく面白かったです。ここのバスは釣られている割に、近所のダムよりも引きが強く面白い。

そうして翌日も出かけたんですが、私には豆バス2匹しかかからず、残念な結果に。対してけいちゃんは限りなく40に近いのをセミのルアーで釣り上げてました。だから、そこは私が後で試そうと思った場所だったのに~~~!悔しい~~!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2007

7月20日(金) Y室ダム

いよいよサーファーじゃなくなってきました。

なかなか海までたどりつけない理由があるんですが、まあ言い訳といえば言い訳ではありますが・・・。前日の晩、先輩の先生が悩む私を心配して「飲みに行きますか?」と聞いてくれたので、兵庫に向かうのは朝にして、その日は美味しいご飯をごちそうになりながら、いろんな話をしました。信じられないようなこととか、嫌なことはいっぱいあるけれど、こうして幸運な出会いもあるわけで、やっぱり仕事って面白い!と思うのです。

さて、そういうわけで、早朝けいちゃんちにたどり着き、しばし朝寝したあと、夕方前から釣りに行ってきました。前に一番魚が多かったH宮池に行きたい!という私のリクエストにより、行ってみましたが、残念。先客がいました。ですので近くの別のダムや野池をチェックしましたが、もうひとつスペースを見つけられず断念。そうこうしてるうちに、大粒の雨が降り出しました。えーーー、今日はもう釣れないのーーー、と残念がる私に、簡易カッパを買いに行こうとけいちゃんが提案。

わざわざ山を降りてホームセンターで198円のカッパを買って、近くの別のダム、Y室ダムへ向かいました。 こんなカッパは小学生のハイキング以来です。でもなかなか調子良い!短時間集中で切り上げよう、ってことで、さっそく切り立った崖の細い道をくだり、ダムのほとりへ。水がにごってて、こんなところで釣れるのかしら、と思ったけど、早速あたりが来ました。ゆっくりと合わせて巻いて、近くに寄せると、30センチ近い元気なバスがかかってました。しかもフックがはずしやすい位置にあって、しっかりとバスの口に指を突っ込み(噛まないと知っていてもドキドキします)、写真をとってリリースしました。うほほほ、ワームは完全にマスターしたようです!先生にも上手になったねと褒められ、有頂天。先生は残念ながらマメバスをばらして(あげる前に逃げられて)しまいましたが、30分しか投げてないわりに、雨の中、一人1匹づつ釣って、上等なんじゃないでしょうか。カッパ買ったかいがあったな~(笑)

帰りはまた崖を上っていくんですが、ついに私のトレッキングシューズの靴底がばっくり開いてしまいました。このシューズは8年ほどまえ、バイクに乗るために購入したものです。ハイカットのトレッキングシューズは足首を守ってくれますし、ゴアテックス素材だったので、ものすごい雨や泥のなかでも強力な防水力を発揮してくれました。そんな頼れるシューズが、ついに昇天。なんか残念。でも8年も履いたら寿命ですね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2007

釣れん

そろそろ梅雨も終わりの時期。真夏になると暑くてバスの活性が低くなるので、最も釣れる時期がもうすぐ終わろうとしているのだと思います。

で、今朝も5時起き6時から、学校の裏で釣り糸を垂れようと思ったら・・・。池の周囲の草木がものすごい勢いで茂っていて、近づけるスペースがほとんどありませんでした。ガッカリ。

池には亀も、トンボも、蚊も、鳥もいて、あれはきっとバスじゃないかな~と思うんだけど、ガホーッと豪快に水面を飛び上がってエサを食べる魚があちこちで跳ねていました。ああ、もったいない。

ほんの少しの隙間から、少しだけキャストしてみましたが、こんな岸近くにはバスがいないみたいでした。ああ、ボートさえあれば、爆釣なんじゃないかしら。せめて、フローターが欲しい。いや、贅沢は言わない。ゴムボートで良いから。。

これがフローター。この中に入って、足ひれで漕ぎます。

404_1

| | Comments (3) | TrackBack (0)

July 05, 2007

7月4日(水)H宮池

前の日からけいちゃんちに来ていました。車ができあがったので、取りに来たのです。名古屋から新幹線で姫路まで。いつもの在来線とは客層が異なり、失礼だけど、とても快適です。たとえば、上の棚から荷物を降ろすのを手伝ってくれる優しい男性がいたり、座席で隣の人の領域を侵犯してこないデリカシーのある男性が多いのです。私も早く新幹線で移動できる身分になりたい・・・

おっと、今日はそんな話ではありません。朝からずーっとずーっと、雨はかなりの降り方をしていました。仕方ないから、こういう日は釣具屋めぐりをするんだ、とけいちゃんが言うので、私もラバージグを見て1セット買いました。フックに黒の細いラバースカートをはいたシンプルなルアーです。大好きな紫色がアクセントに入っています。これで水草の陰や倒木の横についているバスをピンポイントで狙います♪

散々物色して店を出ると、なんとあれだけ降っていた雨がやみ、晴れ間がのぞいているではありませんか。二人で顔を見合わせ、「行こうか!」と声をそろえて叫び、釣りに行くことになりました。今日はどこにしよう、YMダム?もう少し上に行こう、とけいちゃんがまだ私の行ったことがない池に連れて行ってくれました。

すばらしい景観です。深い森、きれいな水。車のとおりも少なく、本当に静かです。一人、バス釣りの人が帰ったあとは、二人きり。素敵~~~~!美しい、の一言です。まずは最近良く使う、ゲーリーヤマモトのスゴイフック(という名前の針)に、4インチグラブを装着。芋虫のようなソフトルアーで、湖底を引きずるように動かすのです。これだとあまり根がかりもしないし、ルアーさばきも簡単です。でももうひとつ反応がない・・・。先生がワームにする?というので、よし、今日はプライドを捨て、数を釣ろう!と決めました。赤ミミズのワームにシンカー(おもり)をつけて、こういうのをツネキチ(常に吉だから・・・!)と呼びます。

反対側の岸近く、少し遠くにキャストしました。すると!ツネキチ一投目で20センチオーバーがきました。残念ながら岸まであと20センチ、というところで逃げられました。悔しい。次は絶対に釣り上げます。池の浅いところは、取水口があり、夏のバスの好む「水の流れ」があり、しかも水草が一面に茂って、水草沿いに小バスが見え隠れしています。よし、水草沿いを丁寧に攻めよう。

そしたら、今度は20センチ後半から30センチ近くあるバスが釣れてしまいました。すごく元気なバスで、岸に釣り上げたら、体を震わせ自分で針をはずし、護岸を転げ落ちて水の中に逃げて行ってしまいました。けいちゃんに写真を撮ってもらう暇もありませんでした。残念。でもすごく嬉しかった!

こうなったら、もう徹底的に自分の感覚を信じて投げるしかありません。今日の私はついています。先生が、同じところばかりじゃなく、少しづつ歩きながらいろんなところに投げるんだよ、というので、あちこち歩き回ってみました。荒らしてしまったポイントをいったん休ませ、再度、挑戦するのが大事なんですって。そのかん、先生にかわいい小バスが2匹きました。

投げるたびに、バスがルアーをつつく気配が感じられます。飲み込めないのか、引っ張っても離すバスもいますが、なんか、ほんと、バスとの駆け引きをしているようで面白い!少し間をおいて、バスにしっかり噛ませよう、とか考える余裕も出てきました。そしてまたまた来た!今度もさっきより少し大きめ、30センチくらいの元気なバスです。ワームを噛み千切って、暴れまくり。あごをつかむものの、すべっていってしまって、今度もちゃんと持ち上げる間もなく、自分で針をはずして水に帰っていってしまいました。うおー残念。でも先生がばっちり見てくれてたし、いいか。

そうこうしているあいだに、また雨が振り出しました。え~~~、待ってよ~~。まだトップでも釣りたい!何度か粘ってキャストしましたが、もうだめ。雨が強すぎます。二人で走って車に戻りました。時間は7時すぎ。晴れてたら、あと2時間はできるのに。でも今日は岐阜に帰らなきゃいけなかったから、これで切り上げろってことだね。H宮池、最高!今度はカヌーが欲しくなっちゃった!また爆釣しに行くからね~~~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 01, 2007

6月26日(水)テクノ

車をぶつけてしまったので、急遽けいちゃんちへ向かいました。中古の部品を取り寄せてもらい、板金屋さんへ直行。ふ~、これでひとまず安心。思い起こせば、この日は仕事でショックなことがあって、ボーっとして運転してました。かなり落ち込んで寝込みそうでしたが、もうやってしまったものは仕方がない、次から気をつけようね、との励ましと、このすばやい対応にて救われました。ほんと、気をつけます。。。

さて、板金屋の次は釣具屋です。あれこれワームやらシンカーやらを買い込み、気持ちが高まったところでダムへ!ここは前回先客がいてあきらめたところです。私はまだここで1匹も釣れていません。今日はどうかな~~?夕まづめでしたので、トップでキャストです。

そして今日も先生に先に当たりが。そしてまた!私に一匹もかからないうちに、3匹もあげました。もう、いや。おもんない~~~。とすぐ飽きてスネルのが私の悪いところ。こうやって動かすんだ、焦らず間を入れて、と先生は粘り強く励ましてくれます。すると・・・

来ました!!!!

引きも今までで一番力強く、餌の食いつきもガボー!っと豪快な水しぶきがあがってました。ここで逃げられてはなるものか~~と、必死にリールを巻きました。心臓がバクバク、足がブルブル。丸々と太ったバスを手にして・・・感動しました。

40センチ近くあります。これで30センチの壁はらくらく突破になりました。

計、2匹のバスをゲット。あたりはもう真っ暗ですが、月明かりがきれいで、たくさんの蛍に囲まれ、先生も喜んでくれて。もう、言うことありません。最高でした。

20070627_bassyoko_1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧